【紹介系】

ライフサイクルマネージャー@EC2

■目的

EC2で稼働するインスタンスはAwsのサービスと言えど、ハードウェアは壊れるモノです。
「今日稼働しているサービスは、明日稼働するとは限らない!」
なので、ライフサイクルマネージャーでバックアップを取得しておきましょう。
という記事。

■手順

1.バックアップ対象を確認

タグ名でバックアップ対象を絞るので、タグ名をメモ
下記例では「NAME:ODA」となる


2.ライフサイクルマネージャーの作成

以下の画面を参考に画面遷移


3.ポリシーの作成

以下の画面を参考にポリシーの設定を行う
●説明
 ポリシーの説明、今回は例なので「LifeCycleXXX」

●リソースタイプを選択
 ボリューム:アタッチされたボリューム(保存先)
 インスタンス:インスタンス全体

●このタグを持つターゲット
 上記1で確認したタグをタグを設定

●ライフルポリシータグ
 ライフサイクル自体のタグ設定


●スケジュール名
 ポリシーを実行するスケジュールの名前

●ポリシーを次の時間ごとに実行する
 1、2、3、4、6、8、12、24を選択可能

●開始起動時間
 UTCでの時間設定 日本時間は9時間を足した時間になります。
 今回はUTC 15:00 ⇨ JST 24:00
 丁度の時刻ではなく1時間以内での起動となります。

●保持タイプ
 ・保持期間 いつまで保持するか
 ・カウント 何断面のデータを保持するか


●ポリシー概要
 これまで設定してきた内容の概要説明

●作成後のポリシーステータス
 有効 or 無効


4.作成結果

00:25に取得されていることが確認されました。

関連記事

  1. 【紹介系】

    スポットインスタンスでお安く

    ■目的EC2テスト環境をオンデマンドで定価で支払っていたけれど、スポ…

  2. 【紹介系】

    【知識整理】macでのpython入れ直し

    問題「python3」ライブライを色々importした時けど、汚れて…

  3. 【紹介系】

    ブログのシステム構成

    AWSを利用してブログを構成していますが、再設定する時に状況把握す…

  4. 【紹介系】

    AWS Certified Solutions Architect – Professi…

    お勉強AWSの資格で「AWS Certified Solution…

  5. 【紹介系】

    20190528

    勉強AWSソリューションアーキテクトプロフェッショナルの勉強し始め…

  6. 【紹介系】

    ロードマップ

    「Developer Roadmap」なるモノが公開されており、自…

アーカイブ

PAGE TOP