【トライ系】

Win10 Firewall設定

やりたいこと

Windows10で基本は全部外部(インターネット)に接続できないようにする。
しかし特定のPGMは外部接続を可能にする。

手順

接続確認

<確認>
まずは外部アクセスすることを確認する。
端末はmacしか持っていないので

mac⇨aws workspaces⇨外部
外部は3種類(Workspaces、FireFox、IE)で確認

という流れになる

WindowsファイアウォールによるPCの保護

<画面遷移>
・コントロールパネル⇨システムとセキュリティ⇨Windowsファイアウォール

Windowsファイアウォールの有効化または無効化

<画面遷移>
・Windowsファイアウォールの有効化または無効化
<設定>
・3種類のネットワーク (ドメイン・プライベート・パブリック)のWindowsファイアウォールを有効にする
・チェックボックスの2つにチェックをする。
□許可されたアプリの一覧にあるアプリも含め、全ての着信接続をブロックする
□Windowsファイアウォールが新しいアプリをブロックしたときに通知を受け取る

設定後

<画面遷移>
前の画面をOKボタン押下
<確認>
3種類のネットワーク(ドメイン・プライベート・パブリック)のマークが変わったことを確認

セキュリティが強化されたWindowsファイアフォール

<画面遷移>
詳細設定⇨別画面が開く⇨概要のWindowsファイアウォールのプロパティ

Windowsファイアウォールのプロパティ

<設定>
3種類のプロファイル(ドメイン・プライベート・パブリック)に対して、送信接続がデフォルトでは「許可(規定)」となっているので、「ブロック」に切り替える

設定後

<画面遷移>
前の画面をOKボタン押下
<確認>
「規定に一致しない送信接続はブロックされます。」になっていることを確認

接続確認

<確認>
外部確認の3種類(Workspaces、FireFox、IE)で接続がNGになることを確認

送信の規制

<画面設定>
・Windowsファイアウォールのプロパティに遷移
・送信の規則⇨新しい規則
<設定>
・規則の種類:プログラム
・プログラム:許可したいプログラム(今回はWorkspace)
・操作:接続を許可する
・プロファイル:ドメイン、プライベート、パブリック
・名前:任意で
画面は設定後のプロパティ

接続確認

<確認>
Workspacesは外部接続をすることを確認
しかしFireFoxとIEは外部接続できない

追加(FireFoxでもやる)

送信の規制

<画面設定>
・Windowsファイアウォールのプロパティに遷移
・送信の規則⇨新しい規則
<設定>
・規則の種類:プログラム
・プログラム:許可したいプログラム(FireFox)
・操作:接続を許可する
・プロファイル:ドメイン、プライベート、パブリック
・名前:任意で
画面は設定後のプロパティ

接続確認

<確認>
WorkspacesとFireFoxは外部接続をすることを確認
しかしIEは外部接続できない

関連記事

  1. 【トライ系】

    Docker -コマンド-

    dockerコマンド代表的なコマンドを整理imageコマンド説明…

  2. 【トライ系】

    DeepRacerを遊んでみた(やってみた系)

    DeepRacerとは?https://aws.amazon.co…

  3. 【トライ系】

    Slack -Slash command-

    Slackを使ってみよう企画Slackって何か? いろんなアプリと連…

  4. 【トライ系】

    サーバーレスクイックスタート:手を動かしながら学ぶサーバーレスはじめの一歩

    ■目的「サーバーレスクイックスタート 手を動かしながら学ぶサーバー…

  5. 【トライ系】

    githubの使い方1

    githubの使い方を自分で整理するためにもまとめてみよう。ブログ…

  6. 【トライ系】

    Slack -Incoming Webhook-

    Slackを使ってみよう企画Slackって何か? いろんなアプリと連…

アーカイブ

PAGE TOP